Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

銀行員

サラリーマン退職した際に融資先へ連絡しますか!?

更新日:

いつもありがとうございます。

本ブログの管理人(十九代目大吉右衛門)です。

当方、家庭の事情及、自分自身の体調、大学院への進学(50歳近いオヤジですが・・・)を考えて、退職をする事にしました。

まぁ、私の諸事情はあまり興味はありませんが、何せ1年間で2.5憶もの融資を銀行から受けている以上、担当者へ黙っている訳にはいきませんよねネ(^^♪

不動産投資家の方のブログやリタイヤした大家さんなどの意見は賛否両論でしたが、私の為に少なくともご協力下さった「銀行員」・「不動産担当者」に何も言わずに過ごす事はどうなのか!?と真剣に悩みました。

私の師匠へも確認しましたが、サラリーマン退職したらもう融資は降りないから、どっちでもいいんじゃないですか?っとの事でした(-_-;)

う~ん、、、

でも、やはり上場会社の属性で融資を受けている以上、私は退職する事を銀行の担当者へ伝える事にしました。

幸い、家賃収入もほぼ満室で想定以上のCFはでており、その部分だけは安心しています。

意を決して、銀行の担当者へ一報を入れて、仁義を切るために翌日アポを取り事情を説明して理解を得られました(^^♪

銀行に行くまでは、色々な事を考え迷いに迷いましたが、実際お会いして事情を説明すると、既に〇〇さんは事業規模となっているので、このまま順調な経営をすれば失敗はしないですよ!!っと言って下さったので、ホットした気持ちで一杯でした。

本当は、「きつい事」や「もしもの返済計画」などを言われる覚悟で臨み(一応それなりの数値化した資料は持参しましたが、提示までには至りませんでした。)ましたが、銀行員の方は冷静で、当方は返済が滞る事が無ければ問題ございません。との事で終了となりました。

一時はどうなるかと思い、悩みに悩んでいましたが、やはり最初の融資も信用から始まるので、「都合のいい時だけ伝えて」、「悪くなったら隠す」では信頼関係は成立しませんよネ!!

とは言っても、銀行の担当者も私の保有資産(現金・株など)ほぼ全て把握しているので、何かあっても当分返済が滞る事は無いのは承知しているはずです。

仮に、サラリーマンの副業で不動産投資をしている方で、諸事情で急遽会社を退職する事になっても、融資先へはきちんと伝えた方が、気持ちが楽になると思います。

私だけかも知れませんが、、、子供に嘘や隠し事をするなと幼少期から教えて来た手前、父親である自分が隠し事をするには、やはりいけませんよね!!

あ~ぁ、スッキリした気分です。

サラリーマンを退職しても、法人設立していますので、今後も不動産投資は継続します(^^♪

既に数棟は買付を入れましたが、惜しくも購入までは至っていません。融資先も自分で開拓すれば道は切り開けます(;^ω^)

 

 

-銀行員
-, ,

Copyright© Real estate investor , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.